安心と最高品質の証明
FQSC

商品のページはコチラから

01 FQSCマークについて

FQSCマークについて 画像

近年、これまで疑うことなく当たり前に安全であると思われて利用していた食材、食品、スポーツサプリメント、健康食品、ドリンクなどについて、異物の混入や原料自体に表記外の危険物質の検出など、思いもよらない問題や健康被害などが発生してます。
これらの問題は深刻です。試合やコンテストの際にドーピング検査を受けるアスリートの場合には特に慎重にならなければいけません。
常識的に安全と思われてるサプリメントや健康食品を利用していても、使用原料表記に記載の無い『指定ドーピング禁止薬物』が含まれていた場合には、ドーピング検査により禁止薬物が検出され、ドーピング違反として、失格や出場停止処分、社会的制裁、罰金等々の重い責任を取らなければならなくなってしまいます。
近年、ドーピングに対する措置はこれまで以上に厳しくなっています。故意にドーピングをしたわけではでなくとも、陽性反応が出てしまえばそこで終わりになってしまいます。

必要なのは、これまで以上に厳しい目での
サプリメントのチェック

  • 間違いその1
    成分表記に『指定ドーピング禁止薬物』の記載がないから安心

    販売するメーカーが禁止薬物の検査を行っていなければ、当然、禁止薬物が検出される可能性は高くなります。
    また、検査を行っているメーカーであっても異物混入の恐れがあるため、安全性を求めるなら、抜き打ちでの検査ではなく毎回の生産時に検査を行うことが理想です。
    しかし、残念なことに、禁止薬物の検査を謳っていても、そこまでの基準で取り組んでるメーカーは殆どないのが現状です。よってユーザーは使用するサプリメントの検査が毎回の生産時に行われてるのか、それとも不定期の抜き打ち検査なのかを確認しておいた方が良いでしょう。

  • 間違いその2
    メーカーが「安心・安全な
    サプリメント」だと保証している

    良心的なメーカーでは、製造にあたって原料メーカーや原料のグレードを重視しています。原料の時点で品質検査や衛生検査が施されているので、製造した商品についても安心・安全と薦めているのですが、商品に対しての『指定ドーピング禁止物質』の試験を行っていないメーカーもあるため、リスクが全くないわけではありません。少量が原料自体に含まれていて、生産設備への蓄積により検出されるケースも考えられます。
    メーカーが謳う「安心・安全」にはどのような根拠があるのか、アスリートの立場でしっかりと確認する必要があります。

  • 間違いその3
    今まで長年使用していたものなので
    信頼している

    サプリメントを構成する原料の在庫がなくなったり、取引する原料メーカーを変えた場合には、当然使用する原料が変わります。
    従来の商品が検査をパスしたものであっても、新たな原料や製造後のサプリメントに対して細かな検査を行わなければ、今まで使ってきたものだから安心であるとは断定できません。

ファインラボが提供するより安全な管理体制

ファインラボ 管理体制の図

ファイン・ラボでは、より安心なサプリメントを求めるアスリートの期待に応えるため、「毎回の生産時に行う検査システム」を、自社(ファイン・ラボ)、原料メーカー、製造工場、検査機関の4社間で構築、しっかりとした管理体制のもとすべてのサプリメントを製造しています。

※保存検査(加速検査)
最終の商品形態を劣悪な保存状況にして行う、時間を加速させての品質変化の検査(消味期限を決める為に必要な検査)です。
毎回の生産時に製造した商品の原料から検査検体AとBを用意して、「検査検体A」で生産時の各項目の検査を行います。「検査検体B」は商品の消味期限まで保管し、万が一の場合に再検査を行うことで、原因の特定とその後の製造工程の見直しを迅速に行えるようにしています。

厳しく検査された証である『FQSC』マーク

ファインラボでは、毎回の生産時に『指定ドーピング禁止物質』の検査だけでなく、4つの検査を併用。アスリートの皆様に安心・安全なサプリメントを提供するため、衛生面や品質面まで入念にチェックした上で、商品の安全性と禁止薬物の未使用が確認された証として”FINE LAB QUALITY &SAFETY CONTROL”『FQSC』マークを商品に貼付しています。

FQSCマーク説明

02 FQSCマークの安全性

POINT01 徹底した管理体制 イメージ
徹底した管理体制

ファイン・ラボでは、今後のスポーツシーンの発展とアスリートが安心して使用できるように、以下のような、「毎回の生産時に行う検査システム」を、自社・原料メーカー・工場・検査機関の4社間での管理体制のもと、実施しております。

数々の検査による安全性の確保
指定ドーピング禁止物質の検査だけでなく、いくつもの検査を組み合わせることで、衛生面、品質面も毎回の生産時に細かく検査。アスリートの皆様の安全と安心のために、できる限りの努力をしています。
POINT02 数々の検査による安全性の確保 イメージ

実施検査一覧

Ⅰ 品質検査
成分検査

栄養成分(たんぱく質、脂質、炭水化物など)や機能性成分などの内容成分量、純度等の確認

異物検査

原料や製品に異なったもの(定められた成分以外)が混入していないことの確認

官能検査

風味や色調などに問題がないことの確認

Ⅱ 衛生検査
微生物検査

細菌、大腸菌、カビなどが基準値以下であることの確認

理化学検査

水分活性、酸化、有害物質、農薬などが基準値以下であることの確認

官能検査

外観やにおいなどに問題がないことの確認

Ⅲ 保存検査(加速試験)

温度、湿度、光について、保存条件を仮定し、擬似的に時間を加速させて、品質の変化を確認。品質検査及び衛生検査を行い、賞味期限を設定しています。

Ⅳ 指定ドーピング禁止物質検査

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の検査項目を基に、毎回の生産時に第三者機関で検体の検査を行っています。指定ドーピング禁止物質検査の詳細

ファインラボ サプリメント画像

上記検査により、対象の商品をチェック。
指定ドーピング禁止物質が含まれていない証としてFINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROL『FQSC』マークを商品につけています。

03 FQSCマークが貼付された商品の信頼性

POINT01 原料の選定・入荷 イメージ
原料の選定・入荷

当社社員が現地の製造工程や生産ラインの監査と品質保証体制をチェック。さらに使用する原料の大元の生育、栽培過程も直接視察。
その後、厳しい基準での審査を行った上で、商品の用途・要項について基準をクリアしたものだけを、ファイン・ラボサプリメントとして扱っています。

例 ホエイプロテインピュアアイソレート

プロテインの原料になるホエイ(乳清)には、牛の飼育をする時点から厳しい基準を設けています。
広大な土地に放牧され、牧草を主に食べて飼育されている健康な牛が、ストレスのない環境の中でつくる牛乳のみを使用。100%その牛乳から採取したホエイ(乳清)だけを使用してプロテインを作っています。
牛の成育には成長ホルモンや薬物等が使われることもありますが、ファイン・ラボプロテインの原料になる牛には成長ホルモン等の薬物は使用されていません。EUでは病気の時に使われる抗生剤以外の薬物の投与は禁止されています。厳格なEUの法規制のもと、餌となる牧草にも監視プログラムを設けており、様々な検査を実施しております。

詳しくはコチラ

ホエイプロテインピュアアイソレート 牛の画像

原料の検査体制

製品の品質を安定させることで、安心・安全な商品をお届けすることが可能になります。
ファイン・ラボでは、原料メーカーから使用する原料のロット毎に検査証明書と日本の食品衛生法および関連法規に合致している旨の証明書を入手して、製品の品質を確認しています。
また、成分の純度や構成内容を調査した「品質検査」の他、細菌などを調査した「衛生検査」の結果が記載された検査証明書を、原料と一緒に保管することで、安定した品質管理に努めています。
これらの検査体制は、高品質で安全な商品を安定してお届けするために欠かせない、大切なシステムです。

POINT2 原料の検査体制 イメージ1
  • POINT2 原料の検査体制 イメージ2
  • POINT2 原料の検査体制 イメージ3
POINT03 原料の安定した確保 イメージ
原料の安定と確保

原料の品質については高いレベルを維持することと同時に、高い品質の原料を“安定”して確保することも重要です。
ファイン・ラボでは取引する原料メーカーと入念な協議を重ね、安心・安全かつ高品質の原料の供給が常に受けられよう、確固とした協力体制を結んでいます。

指定認可工場について

ファイン・ラボでは、自社工場だけではなく各製品の製造を専門とする指定認可工場への委託も併用してサプリメントの製造を行っています。
委託先については、すべてISO(International Organization for Standardization:国際標準化機構*1)や
GMP(Good Manufacturing Practice:適正製造基準*2)の認証を取得した、品質管理・衛生管理に優れた工場を厳選して認可。すべての商品を信頼の置ける工場のみで製造しています。
また、製造ロット毎にサンプルの保管・分析を行うことで、これらの工場の品質管理をチェックしています。

POINT04 原料の検査体制 イメージ1
ISOとは

商品とサービスの国際的な交換を容易にし、知識・科学・学術・経済に関する活動において、国際的な交流を助長する」、「国際的な規模の標準化とこれに関するさまざまな活動を発展・促進する」ために1947年に設立された、各国の代表的標準化機関からなる国際標準化機関です。安定した品質管理や食品の安全管理を行うためのマネジメントシステムが定められています。

GMPとは

原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるように定められた製造工程管理基準のことです。
もとはアメリカ食品医薬品局が1938年に連邦食品・医薬品・化粧品法に基づいて定めた医薬品等の製造品質管理基準でしたが、各国がこれに準ずる基準を設けており、日本では、厚生労働省が2005年に「健康食品GMPガイドライン」を発表しています。健康食品製造会社の工場ごとに審査・査察が行われ、審査を通過した工場がGMP工場として認定されます。

POINT05 指定ドーピング禁止物質検査について イメージ
指定ドーピング禁止物質検査について

対象の商品に対して世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の検査項目を基に
毎回の生産時に第三者機関で検体の検査を行っています。

指定ドーピング禁止物質検査の詳細
FQSCマークが貼付された商品

ファイン・ラボでは上記の生産体制を「FINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROL システム」として4社間で管理し、商品の安全や品質の管理に努めています。
厳しい審査に合格した工場で厳選された材料を用いて作られた商品に対して、さらに複数の検査を行って商品の安全性を確認。商品出荷時の段階ですべての安全性が確認された証としてFINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROL 『FQSC』マークを封印し、皆様の元へ発送しています。

POINT06 FQSCマークが貼付された商品 イメージ

指定ドーピング禁止物質検査

POINT01 指定ドーピング禁止物質の現状について イメージ01POINT01 指定ドーピング禁止物質の現状について イメージ02
指定ドーピング禁止物質の現状について

近年、食品や食材をはじめとして、スポーツサプリメントや健康食品、ドリンク等々様々な製品についても、異物混入や表記外の危険物質の検出が報告され、思いもよらない問題や健康被害なども発生しています。これらの問題は深刻で、アスリートの場合には摂取する食品・サプリメントについて特に慎重に選ばなければならない時代になってきています。
今まで安心して利用していたサプリメントや健康食品にも、原料表記に記載の無い、思いもよらない『指定ドーピング禁止物質』が含まれている可能性もないとは言い切れません。もし、ドーピング検査により禁止物質が検出された場合には、自身に意図はなくともドーピング違反になり、重い責任を取ることになります。
「指定ドーピング禁止物質が表記されておらず、知らなかった」「メーカーが大丈夫だと言っている」「今まで使い続けていたものなので問題ない」などの弁解は通りません。どのような理由があろうと、一度禁止薬物が検出された場合にはドーピング違反となってしまうのが現実です。特に、食品やサプリメントを販売するメーカーが責任を持って検査を行っていない場合には、禁止薬物が検出される可能性も高くなるため注意が必要です。

では、そうした問題に対して、今後どのようにサプリメントを選べば良いのでしょうか?最も大切なことは、食材や食品、サプリメント、ドリンクなど口に入れるすべてのものに対して、指定ドーピング禁止物質の検査が行われているか確認することです。
しかし、多くのメーカーでは原料の品質検査や衛生検査を通じて健康面での安全性を検査しているものの、肝心の指定ドーピング禁止物質の検査は実施されていないのが現状です。また、指定ドーピング禁止物質の検査を実施してるメーカーの商品であっても、原料自体に微量の禁止物質が含まれており、長年の生産により製造設備に蓄積した成分が検出されてしまうといったケースもあるため、抜き打ちでの検査ではなく毎回の生産時に検査を実施するのが理想です。
しかし、残念なことに、そこまでの基準で取り組んでるメーカーはほとんどありません。確かな安全性を求めるのなら、毎回の生産時に検査が行われてるのか、不定期の抜き打ち検査だけなのか、原料変更時の検査は行っているのか、細かく確認をしておいた方が良いでしょう。

POINT01 指定ドーピング禁止物質の現状について イメージ03POINT01 指定ドーピング禁止物質の現状について イメージ04
POINT02 ファインラボの指定ドーピング禁止物質検査方法 イメージ
ファインラボの指定ドーピング禁止物質検査方法

工場で製造された商品から検査検体Aと検査検体Bを採取、検査検体Aについて第三者機関にて指定ドーピング禁止物質の検査を行い、問題がないことを確認しています。また検査検体Bは賞味期限期間まで保管し、万が一の時に再検査を行うことで、原因の特定とその後の製造工程の見直しを迅速に行えるようにしています。

指定ドーピング禁止物質の更新

指定ドーピング禁止物質の成分は最低でも年に1回更新されています。禁止物質の更新に合わせて毎回の生産時に検査を行っていない場合、禁止物質が常に更新されている現状では必ずしも安全とは言えません。
ファイン・ラボでは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が発表している最新の情報をもとに、毎回の生産時に検査を行っています。
現在の世界アンチ・ドーピング・プログラムで策定されている禁止表国際基準はこちらからご確認ください。

POINT03 指定ドーピング禁止物質の更新 イメージ

05 Q&A

ドーピング禁止物質とは?

最低でも年に1回更新される世界アンチ・ドーピング機構(WADA)による指定ドーピング禁止物質の禁止表国際基準には、表記されているだけでも250項目以上の成分があり、明確な成分表記だけではなく曖昧な表現の物質も多く含まれています。
ファイン・ラボでは第三者検査機関と協力して、このドーピング禁止物質を元に、各種論文や検疫による検出事例などを考慮して、サプリメントへの混入の可能性が高い物質を中心にリスト化と分析を行っています。
(世界の他の認証システムでも、同じ手法により禁止リストを設定して分析しているものと思われます。)
禁止表国際基準はWADAにより明示されています。

ドーピング禁止物質の保証はできるのか?

ファイン・ラボでは、毎回の生産時に行う検査システム(FINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROLシステム)を、自社(ファイン・ラボ)・原料メーカー・製造工場・検査機関の4社間で構築。しっかりとした管理体制のもとサプリメントを製造しています。品質の安全性・衛生面、賞味期限の決定、そして指定ドーピング禁止物質の検査を上記4社間で行うことで、商品化までに考えらるあらゆるリスクを考慮し、そのリスクに対応した検査を行うことで商品の安全性を確認。商品の安全性と禁止薬物の未使用が確認された証として”FINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROL”『FQSC』マークを商品に貼付しています。
ただし、出荷後に指定ドーピング禁止物質の更新があった場合には、生産時の検査で対象としていない成分が禁止物質とされてしまう可能性があります。また、商品を開封したのちに、指定ドーピング禁止物質が予期せぬきっかけで混入してしまう可能性も排除できないことから、競技におけるドーピング検査の保証は行っておりません。

もしドーピング検査に該当してしまったら?

万が一ドーピング検査に該当してしまった場合には、ファイン・ラボでは最大限の努力として商品の再検査を実施いたします。購入された商品をユーザー様よりお預かりし、該当商品を第三者機関にて再検査いたします。また、お預かりした商品と同ロットで製造された検査検体Bについても同じく再検査を実施して、その検査結果をご報告いたします。

賞味期限後に検出された場合は?

商品の品質、衛生面の観点も考慮し、賞味期限後の使用は差し控えていただくことをお勧めしています。指定ドーピング禁止物質は最低でも年に1回更新されるため、生産時に対象とされていなかった禁止物質が指定されてしまう可能性があります。また、同ロットで製造された検査検体Bも賞味期限後には処分されるため、再検査を行うことができなくなります。

JADAのドーピング検査基準にも対応しているか?

WADAのドーピング禁止物質をもとにJADA(日本アンチドーピング機構)の規定が作られています。

06 ファイン・ラボの想い

高品質で安心なサプリメントづくりのために

ファイン・ラボは13年以上(2016年現在)サプリメントの企画、製造、販売を行ってきたサプリメントメーカ-です。現在では、その品質の高さと安全へのこだわりが、プロ・アマ・オリンピックを問わずハイパフォーマンスを求めるあらゆるアスリートに認められ、数多くの選手達に愛用されています。創業以来、一度も指定ドーピング禁止物質の検出や、衛生面、品質面での問題はありません。
数多くのアスリートの信頼に応えるため、「使用する信頼のおける最大手の原料のメーカーの品質グレードの高い水準の原料のみに限定」「全使用原料の規格書管理」「品質検査・衛生検査・保存検査(加速試験)の的確な実施」など、メーカーとして考えられるすべての事に拘り抜き、それを基本として実践してきました。
しかしながら、食品やサプリメントに関する様々な事件や予期せぬ問題が報告されている現在、アスリートを支えるメーカーとして、品質や安全性に対してこれまでの取り組みだけでは不十分であると考えています。

商品の最終形態〜生産時に
改めて検査を行うことで、より大きな安心を。

ファイン・ラボのポリシーは
「食品よりもサプリメントは安全性を極めなければならない、妥協してはいけない」ということ。
食品は日に日に変わるのが普通ですが、サプリメントは勝手が違います。健康志向の高い方や、
アスリート、トレーニーにとってサプリメントは毎日継続して恒久的に摂取し続けるもの。
特にシリアスアスリートにとっては自身の人生を掛けた挑戦に関わる重要なものでもあるため、
食品とは比べものにならない高い品質と安全性を極めなくてはならないと考えています。

近年、ユーザーが事前に把握できないドーピング禁止物質が含まれてるサプリメントが市場に流通したために、
思いもよらない落とし穴に落ちてしまった事例も報告されています。
ファイン・ラボではこうした問題を受けて、安心して使用していたはずのサプリメントが選手生命を危機に追いやってしまう可能性を
限りなくゼロするために、考えられる出来る限りの努力をして安心度を高める為に、
「FINE LAB QUALITY & SAFETY CONTROLシステム」を構築いたしました。

多くの方が安心して、最高品質のものを、いつまでも利用できるよう~心から願いを込めて・・・