• 300g  4,600円(税抜)
  • この商品を購入する
  • 明日葉、モリンガ、大麦若葉、ケールという青野菜に加え、アサイー、スピルリナ、難消化性デキストリン、イヌリンが三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪)以外をサポートする栄養素補助食品です。
    一般の方はもちろん、更に多くの栄養素を必要とするアスリートにとっても、食物繊維、ビタミンやミネラルを手軽に摂取できるサプリメントは欠かせません。

  • 成分表
    ファイナルグリーン成分表
    ↑クリックすると拡大します。
  • お客様の声
    1回の食事量が多いのですが、ファイナルグリーンなら手軽に野菜を摂れます。

    埼玉県 Y.Y

    1杯でビックリするほどの栄養が摂れるので手放せません。

    山形県 I.H

    天然成分なので、安心して飲めます。

    愛知県 O.R

none

なぜ、ファイナルグリーン?
ファイナルグリーンの成分炭水化物とタンパク質、脂肪、そしてビタミンとミネラル。これらを「五大栄養素」と呼びます。基本的にヒトはこれだけで生きていくことができるはず。でも、ただ生きていくだけでなく、より健康に生きていきたいと思いませんか? それをかなえてくれるのが、「ファイトケミカル」です。
ファイトは植物、ケミカルは化学物質という意味。つまりファイトケミカルとは植物に含まれる化学物質のことです。植物は光を浴びて育ちます。しかし紫外線には強力な酸化作用があるため、そのままでは育つことができません。そこで紫外線から自らを護るため、抗酸化作用のある物質を体内でつくりだすのです。
そして植物の身体を護るファイトケミカルのなかには、私たちヒトの身体も護ってくれるものがあります。特にその作用が強いものをまとめて配合したのが「ファイナルグリーン」なのです。
日本の誇るハーブの一つ。それは明日葉です。明日葉に含まれる有効成分は、主に「4-ヒドロキシデシシリン」と「キサントアンゲロール」。この二つは「カルコン」と呼ばれるもので、フラボノイドの一種です。
これらカルコンには様々な作用があるのですが、その一つが「脂肪前駆細胞が脂肪細胞に分化するのを防ぐ」というもの。つまり体脂肪が増えるのを防いでくれる可能性があるのです。
またこれらのカルコンには、筋細胞にグルコースを取り入れる作用もあります。つまりハードなトレーニングからの回復を促してくれます。また高血糖を抑制し、インスリン感受性を高める効果も期待できます。他にも強い抗酸化作用があるとともに、NGFやBDNF、GDNFなど神経成長因子の産生促進による認知症改善作用、抗ガン作用(アポトーシス誘導)、骨粗しょう症への作用、胃粘膜保護作用、ピロリ菌などへの抗菌作用などが発見されています。
明日葉は世界に誇れる日本原産のセリ科の多年草で、「今日摘んでも明日には新しい芽が出る」といわれるほど成長が早く、生命力の強い植物です。独自のフラボノイド(ポリフェノール成分)「カルコン」を含み美容、健康維持に注目されています。
「生命の樹」とも呼ばれるモリンガ。亜熱帯地方に自生し、貴重な植物として有名です。モリンガにはさまざまな作用がありますが、その筆頭にあげたいのが「重金属除去効果」です。
糖と特異的に結びつく「レクチン」というタンパク質があります。モリンガに含まれるレクチンには、カドミウムや鉛、アルミニウムなどカラダにとって悪い作用を及ぼす重金属を除去してくれる働きがあり、肝臓を護ってくれるのです。
またモリンガに含まれるモリンギンというイソチオシアネート(辛み成分)には抗炎症作用があることがわかっています。
さらにモリンガをラットに飲ませたところ、泳ぐことのできる時間が長くなるとともにヘモグロビンが増え、グリコーゲンも減りにくく、疲労を遅延させる効果が認められました。さらに抗酸化作用も向上していたようです。
他に免疫力を高めたり、心臓を保護したりする効果も認められています。
ブラジル原産のヤシ科植物であるアサイー。紫外線の強い地域で育つアサイーは、それだけ抗酸化作用も強くなっています。
抗酸化作用の指標として使われるのが「ORAC値」です。ORAC値の高いものとしてはクローブやシナモン、オレガノ、ターメリックなどが知られていますが、これらはスパイスなどとして使われることはあっても、そのものが食物として食べられることはありません。
食物(フルーツ)として食べられるものの中で特にORAC値が高いのがアサイーです。特にポリフェノールのアントシアニンが多く、ビタミンCやビタミンB群、鉄、カルシウムなども豊富に含まれます。
アサイーの強力な抗酸化作用はアンチエイジングや疲労回復などに大きく貢献してくれることでしょう。
最古の植物の一つでもあるスピルリナ。熱帯性の藻類で、現地では古くから貴重な食糧源でした。タンパク質やビタミン、ミネラルに富み、特にカロテノイドが多く含まれます。ケールもビタミン類やカルシウムの他、目のための抗酸化物質として有名なルテインが多く含まれます。青汁の主な材料として良く使われる大麦若葉には豊富なビタミンやミネラルの他、グルコイソビテキシンと呼ばれるフラボノイドが含まれ、抗酸化作用を発揮してくれます。
どんなに豊富な栄養素やファイトケミカルを摂取しても、腸内環境が悪ければ吸収されません。ファイナルグリーンには腸内環境を改善してくれるイヌリンや難消化性デキストリンなどの食物繊維が含まれ、消化吸収を助けてくれます。
美味しさにこだわったファイナルグリーンだから、そのままお水や牛乳で割って飲むのはもちろんさらにホエイプロテインピュアアイソレート、ホエイプロテインコンプリートにミックスして使用することで、普段のプロテインをさらに強化することができます。ヨーグルトに混ぜたり、お料理に混ぜて使用していただいても美味しくいただけます。

↑クリックすると拡大します。